「ピーマン」の茎が折れた

投稿者: | 7月27日

IMG_2547

不十分な誘引で茎が折れる

「ピーマン」の株が成長して実をたくさんつけていましたが、誘引が不十分で重みに絶えられずに茎が折れてしまいました。本来なら成長する過程でこまめに誘引しなければならないのですが、忙しさにかまけておざなりになっていました。その怠慢さのつけが茎が折れるという最悪の形になって表れてしまいました。「ピーマン」はあまり手をかけないでも収穫できるのでほぼ放任状態でしたが、当然ながら必要最低限の手間はかけなければなりません。しかし、一度茎が折れてしまったら後の祭りで、二度と元に戻る事はありません。後悔先に立たずですが、折れてしまったものは仕方がないので、まだ残っている株を大事にするしかありません。

 

重みで倒れてしまった株

IMG_2543

IMG_2545 IMG_2546 IMG_2548

茎が折れてしまった株もありますが、重すぎてまるごと倒れてしまったものもあります。早速起こしてあげようとしますが、重すぎてとても誘引なしでは立つことはできません。無理に起こそうとすると折れてしまいますから、慎重に起こしながら麻紐で支柱にくくりつけていきます。しかし、1本1本枝をくくっていると他の枝の重みが加わって折れてしまうので、仕方なく全体を周りからくくる事にしました。本来ならこうしたくくり方はしないのですが、今回は止むを得ません。何とか復活させて収穫を続けられれば良いなと思いますが、果たしてどうなる事でしょうか。

IMG_2558

 

実の重さで折れないように欠かさず収穫する

IMG_2555

IMG_2549 IMG_2550 IMG_2551

株が折れてしまった原因には実を収穫せずにほっておいた事があります。実を収穫しないとどんどん大きくなって、いくつもの実ができれば茎が重みに耐えられなくなります。先日中々実が大きくならなくて困ると 述べた事がありますが、今では収穫しきれないほど実がなっています。家庭菜園で10株も栽培しているとさすがに食べ切れませんので、どうしても収穫が遅れてしまいます。自宅で食べる分だけの数個の実をその都度収穫していましたが、それではとても全て収穫する事はできません。必然的に株に常時たくさんの実がなっている状態になってしまい、株に大きな負担をかけてしまいました。茎が折れたのをきっかけに今回めぼしい大きさのものをほぼ全て収穫しました。こんなに獲れるとは思いませんでしたが、これでかなり枝への負担は軽くなるはずです。これだけの「ピーマン」を食べるのは大変ですが、「なす」同様に毎日「ピーマン」料理を作って食べ続けたいと思います。


「ピーマン」の茎が折れた」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「ピーマン」栽培 (ナス科) 第1回 – 「ふじやま」さんの家庭菜園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA