トマトの実が肥大化

スポンサーリンク
トマトの実が肥大化
トマトの実が肥大化

順調に実が肥大化

6月初めにはまだ小さい苗だった「トマト」が、下旬にもなると丈も大きくなり実をつけるようになりました。

6月の梅雨の時期を無事に乗り越えて順調に生育しています。

今年の梅雨は随分長雨が多く、日が射す日が少なく「トマト」の成長が心配されました。

しかし、今年から導入した菜園雨除けセットが大活躍してくれて、株に傷みや病気もなく丈夫に育っています。

「トマト」は雨がかかると花が咲かなかったり、咲いても落ちてしまう事が多いので、いかに梅雨の時期を乗り切るかが大切です。

それが雨除けセットのお陰で雨がかからないので、「トマト」の実も不自由なく大きくなっています。

最初にわき芽取りをしたのが6月上旬でまだ丈が短かったのに、1ヵ月も経たない内にこれほど成長するとは嬉しい限りです。

さて、実はまだ青々としてしますが大分大きくなってきたので、収穫まではあと少しといったところでしょうか。

現在のトマトの株の様子
現在のトマトの株の様子
3週間前のトマトの株の様子
3週間前のトマトの株の様子

引き続きわき芽取りと誘引

丈もだいぶ伸びてきましたが、引き続きわき芽とりと誘引は行わなければなりません。

順調に生育しているといってわき芽を取るのを怠ると枝が何本もできてしまい、栄養が分散される上に密集しすぎて日当たりが悪くなります。

わき芽を放置し過ぎるとあまりに大きくなって主枝と同じくらいの太さになり、一見して見分けがつかなくなってしまいます。

わき芽からも花や実もできますが、あまり実を増やしても個々の実が小さくなって味も落ちてしまいます。

葉や茎がいくら成長しても肝心の実に栄養が行き渡らなければ意味がありません。

株は成長する途中に必ずわき芽を摘んで上へ上へと成長させていく事が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました