トマトの大量収穫 – 今年は豊作、雨除けセットの効果

スポンサーリンク
収穫したトマト(8月下旬)
収穫したトマト(8月下旬)

今年は豊作の「トマト」

栽培が結構手間がかかるので敬遠していた「トマト」ですが、今年は作って正解でした。

少しまだ青っぽいのもありますが、1度にこれだけ沢山の「トマト」を収穫した事はこれまでありません。

当初は梅雨の影響で葉が枯れた事もあり心配していましたが、その心配をよそに夏に入って大量の「トマト」が収穫できるようになりました。

これはもちろん梅雨後の天候が良かった事もあるのでしょうが、今年初めて購入した「雨除けセット」の効果もあると思います。

しっかりと屋根を設置して雨除けをしたお陰で花が落ちる事もなく、順調に実が育つ事が出来たのでしょう。

1セット3千円近くするのでかなり迷いましたが、購入して正解でした。

今も順調に実をつけて次々と収穫していますので、これなら何シーズンといわずに1シーズンでも元が取れそうな勢いです。

トマトの生育状況①(2013/7/30)
トマトの生育状況①(2013/7/30)
トマトの生育状況②(8月下旬)
トマトの生育状況②(8月下旬)
収穫したトマト①(2013/8/3)
収穫したトマト①(2013/8/3)
収穫したトマト②(2013/8/3)
収穫したトマト②(2013/8/3)

市販の「雨除けセット」の効果

トマトの雨除けセットの設置(5月27日)

「雨除けセット」はさすがに販売しているだけあってとても丈夫です。

組み立て方も差し込むだけですから、本当に簡単です。上部に敷くビニールシートも園芸用の特製シートなのでとても丈夫で豪雨が来ても安心です。

昨年までは普通の支柱を紐で縛ってポリ袋で覆う自作の雨除けを使用していたので、本当に手間がかかって大変でした。

直径1cm、長さ180cmほどの支柱では十分な強度が得られない上に、1本1本縛って組み合せるのは時間がかかります。

また、屋根は市販のポリ袋を切り開いて上部に被せますが、何枚も必要な上に、一部がうまく傾斜にならず水が溜まることもあります。

市販のポリ袋は薄いものが多く、大雨や台風で破れる事もありました。

そんな欠点ばかりの自作の雨除けセットの利点はやはりコストがかからない事でしたが、コストといっても3千円ほどで、今思えばもっと早く市販の「雨除けセット」を買っておけばよかったと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました